トップページ >  > 女性ホルモン(=エストロゲン)とコラーゲンの関係

女性ホルモン(=エストロゲン)とコラーゲンの関係

女性には月経があるため男性と比べると体内で働くホルモンの存在とその影響を実感することができます。

ホルモン周期にあわせて気分や体調の浮き沈みがあり、肌の状態も左右されてしまうというのは女性であれば誰もが感じていることでしょう。

人間の身体のなかでは100種類以上のホルモンが駆け巡っていますが、女性にとって最も身近なホルモンであり、美と健康、そして若さの維持に重要な役割を果たしているのが、ご存じ女性ホルモンの1つ「エストロゲン」です。

エストロゲンが女性の心身のバランスに与えている影響にはさまざまなものがありますが、パッと思いつくのはやはり肌への影響だと思います。具体的にどんな影響があるかというと....

要チェック 肌の水分量を増やしてうるおいを保つ
要チェック 皮脂の分泌を抑制する
要チェック コラーゲンの合成を促進して、ハリ・弾力を保つ

※ホルモン周期にあわせてニキビができるのは、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンの影響で皮脂が増えるからではなく、エストロゲンが低下して肌が乾燥するからというのが正しいようです。


肌にはエストロゲンの受容体があり、エストロゲンが潤いやハリ・弾力を与えています。そのためエストロゲンが減少するようなことになると、肌が乾燥するようになりますし、ハリ・弾力が衰えれば、シワ・ほうれい線といった肌老化が急速に進むようになります。

高い美容液で肌をケアするのもいいですが、美肌と若さを維持しようと思ったらまずはエストロゲンを何とかしないといけないということは覚えておかなくてはいけません。

髪・肌・骨・関節・血管のコラーゲン合成をサポートするエストロゲンを守る!

個人差はありますが、エストロゲンは35歳前後を境に減り始め、40代後半から激減して更年期を経て閉経に至ります。

エストロゲンの分泌量が低下するのにあわせて、角質層の水分量が低下することもあり、肌が乾燥するようになりますし、真皮層にあるコラーゲンも代謝が悪くなってくるのでハリや弾力が失われて肌老化も急速に進行するようになるというのはお伝えしたとおり。

※肌だけでなく、コラーゲンがその構成成分の多くを占める髪や骨、関節、血管といった組織も急速に劣化、老化して脆くなります。


エストロゲンには血管拡張作用や血管の柔軟性を維持する作用もあるのでエストロゲンが減少することで血の巡りも悪くなります。血行不良になれば、肌の新陳代謝も低下しますからそれが原因で肌の不調や肌老化が促進されてしまうとも考えられますよね。

「肌年齢=卵巣年齢」といわれることがよくありますが、これは誇張でもなんでもなく、ホルモンバランスが整っていてエストロゲンの分泌量をキープできている人は見た目も若いし、身体も若く元気です。

注意してほしいのは、エストロゲンを減少させる要因は加齢だけではないということ。普段の生活習慣(食事・運動・睡眠・ストレス)やダイエットもエストロゲンの分泌に影響するので、「年齢が若いから自分は関係ない」ということにはならないということです。

女性の加齢とともエストロゲンが減少することは自然の摂理なので避けることはできません。しかし、食事や睡眠、運動など毎日の過ごし方や生活習慣で卵巣機能を高めることができれば、エストロゲンの減少スピードを緩やかにすることができます。

では具体的にどうやってエストロゲンをキープするか?については次から紹介します。

「肌年齢=卵巣年齢」を若く保つために意識したいこと

女性の見た目年齢・肌年齢・体内年齢を大きく左右するエストロゲンをキープするための毎日の過ごし方について確認していきましょう。

要チェック規則正しい睡眠を心がけること

女性ホルモンの多くはノンレム睡眠中に生成されます。つまり睡眠不足だとホルモン分泌に支障をきたすということになります。他にも睡眠は、ストレス解消や自律神経の安定には欠かせませんからホルモンバランスを整えるうえでまず見直したいポイントです。

要チェック適正体重(BMI値が20~25)を維持すること

脂肪がエストロゲン代謝にかかわっているので適正体重の維持は思いのほか重要です。太りすぎはもちろん、痩せすぎも極端なダイエットで生理が止まることもあるように、女性ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。BMI値であれば20~25の範囲、体脂肪率であれば20~30%の範囲に収まる体型を維持しましょう。

要チェック油抜きはNG!ホルモン分泌をサポートする食事を

エストロゲンはコレステロールが原料になるので、極端な油抜きの食事はNG。女性ホルモンの材料にもなるオメガ3系は積極的に摂取したい油です。エストロゲン様作用のある大豆イソフラボン(※エクオール)を摂取したり、ヤマイモなどに含まれるエストロゲンに変化するDHEAを補充することも有効です。

要チェック運動にはエストロゲンの調節作用あり!

運動は骨盤内の血流を良くして卵巣機能を高めて、エストロゲンの調節を助ける作用があることが確認されています。その他、自律神経の安定、ストレスホルモンのコルチゾールを減らす、体内で女性ホルモンに変化するDHEAを増やす作用など運動効果は計り知れません。

要チェックお腹(骨盤内)を冷やさない!

シャワーではなくお風呂に入ってカラダを芯から温める、筋肉をつけて代謝をあげる、腹巻や冷えとりのインナー・下着を利用するなど、とにかくお腹を温めて、ホルモンバランスを乱す冷えを防ぐことも大切です。


こうしてみると、卵巣機能を若く保つためのホルモンケアも「食事・運動・睡眠」といった生活習慣が基本だということですね。

エストロゲンが減少することで身体や見た目に影響することはいろいろとあります。ただそのなかでも、髪、肌、骨、関節、血管などコラーゲンが構成成分の多くを占める組織や器官のトラブルに関しては、コラーゲンペプチドを摂取することが対策になるような気がします。


女性の美と若さを支えてくれている女性ホルモンについてはもっと真剣に考えて、ホルモンバランスを整えてエストロゲンをキープする毎日の過ごし方について意識して取り組んでみることをおすすめします。

【補足】もっと知りたい!エストロゲンQ&A

Q.閉経後はエストロゲンはまったくでないの?

閉経後は血中のコレステロールを原料に副腎皮質でDHEAが作られ、その一部がテストステロンを経てエストロゲンになります。とはいえ、月経があったころに比べてエストロゲン量は微々たるもの。これまでエストロゲンによって保たれていた身体の均衡が崩れ、女性らしさが失われるだけでなく、さまざまな不調や病気にもかかりやすくなります。

Q.エストロゲンが減ることで身体や見た目に現れる影響は?

・・・頭皮のコラーゲンが減少し、潤いや血流が悪化。抜け毛や細毛の原因に。
・・・神経伝達物質や神経保護機能が衰えて認知機能が低下
・・・唾液が減少し、口内の免疫力が低下。
・・・コラーゲンの生成量が減り、保水力や弾力が低下。たるみやシワに。
血管・・・血管のしなやかさが失われて動脈硬化のリスク増
・・・骨を作る骨芽細胞の働きが鈍くなり、骨密度が低下。
体脂肪・・・代謝が落ちるうえ、皮下脂肪ではなく内臓脂肪がつきやすくなる。
・・・潤いがなくなり、萎縮して免疫力も低下。膣炎や性交痛の原因に。
関節・・・関節を動かす潤滑油的な働きが損なわれて痛みの発生も。

エストロゲンが減少する更年期~閉経後は、「子宮がん」「骨粗鬆症」「認知症」「膣委縮症」「脂質異常症」「ドライアイ」「ドライマウス」「糖尿病」「肥満症」「脂質異常症」「歯周病」「動脈硬化」といった病気のリスクが増します。

Q.女性ホルモンが増える漢方があるって聞いたけど?

東京大学大学院医学系研究科の秋下雅弘教授の研究チームが調べた「エストロゲンに似た作用のある生薬と漢方薬」は以下の通り。

● 生薬

・人参(ニンジン)/・山薬(サンヤク)/・黄耆(オウギ)./・熟地黄(ジュクジオウ)/・山茱萸(サンシュユ)/・芍薬(シャクヤク)/・黒豆(コクズ)/・当帰(トウキ)/・五味子(ゴミシ)/・茴香(ウイキョウ)/・杜仲(トチュウ)/・石榴(セキリュウ)

● 漢方処方

・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)/・芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)/・六味丸(ロクミガン)/・温経湯(ウンケイトウ)/・女神散(ニョシンサン)