トップページ >  > コラーゲンドリンクはいつ飲むのがベストですか?

コラーゲンドリンクはいつ飲むのがベストですか?

「コラーゲンドリンクはいつ飲むのがいいですか?」

といったコラーゲンを飲むタイミングについての質問が多いのでお答えしますね。これは夜寝る前が理想的だといわれています。

その理由としては夜寝ている間に2大アンチエイジングホルモンといわれるメラトニンと成長ホルモンが分泌されて肌がつくられるからです。

そのタイミングに合わせてコラーゲンドリンクを飲めば、コラーゲンの働きをホルモンが促進してくれ、相乗効果が期待できるだろうというわけです。(他にも忘れないように食後に飲むというケースもあります。)

メラトニン

睡眠中のメラトニン分泌量が多いほどノンレム睡眠とレム睡眠のリズムが整った質の高い眠りを得られます。さらにメラトニンには活性酸素を除去する作用があり、メラトニンを寝ている間に多く浴びることで肌を酸化から守り、若々しく保つことができます。

成長ホルモン

「骨や筋肉をつくる」「脂肪燃焼を促す」「肌の再生と修復」「免疫力の増強」という4つの働きがあるのが成長ホルモン。睡眠中だけでなく、空腹で血糖値が下がっている時、筋力トレーニングの後にも分泌量が増えます。


肌の状態に最も影響があるのは、成長ホルモンですが、成長ホルモンは深い眠りに比例して多く分泌されます。そして、深い眠りをとるためにはしっかりメラトニンが分泌されていなければなりません。これが、2つのアンチエイジングホルモンの関係性です。

コラーゲンの効果を引き出すために知っておきたい睡眠の話

かつてはお肌のゴールデンタイム(午後10時~午前2時)に成長ホルモンが最も分泌されるので、この時間に寝ていないといけないといわれていたんですが、最近は睡眠の最初の3時間が特に眠りが深く、この間に成長ホルモンが多量に分泌されて肌の再生が行なわれるといわれています。

ようは、成長ホルモンは時間帯指定で分泌されるものではなく、寝入りばなの深い眠り(ノンレム睡眠時)のときに分泌されるので、成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイムとかシンデレラタイムという表現は誤解を生んでしまう可能性があるということなんです。

とはいえ、いつ寝てもいいわけはなくて、夜寝る時間が遅かったり、昼夜逆転の生活をしていると、入眠直後の成長ホルモンの分泌が悪くなってしまうことは確認されている事実です。

夜中の11時に寝て8.5時間寝た場合と1時に寝て4.5時間寝た場合を比べると、4.5時間睡眠のほうが成長ホルモンの出が悪いということも確認されていることから、短時間睡眠も成長ホルモンの分泌に影響があると考えられています。


寝ている間に分泌されるホルモンの恩恵を最大限受けようと思ったら、やっぱり午後10時~午前2時に熟睡しているのが理想ですし、この時間帯に睡眠が取れている人と取れてない人の肌状態を比べると、やはり深夜起きている人の肌状態のほうが悪い傾向があります。

いずれにせよ、夜お風呂上りにコラーゲンドリンクを飲んでおけば、眠るころにはコラーゲンの血中濃度がピークに達しているはずなので、成長ホルモンとの相乗効果も期待できるため、ベストだということです。

睡眠中の肌再生力を引き出す時計美容で美肌をゲット!

人間には、太陽が沈み暗くなれば寝て、日の出とともに起きて活動しはじめるという太古からずっと続いてきた太陽を基本とした体内時計が刻まれていて、このリズム(周期)にあわせて活動と休息をとることが人間の体にとっては最も自然であり、負担がかかりません。

夜は細胞の修復だったり、肌のメンテナンスだったり、ホルモンの分泌のための時間になっていて、全身の作業が完了するまでにはおよそ7時間必要だといわれています。

それを考えると、やはり夜更かしをして、この時間に起きていて活動するというのは肌や体にとっては負担なんですね。肌の細胞にも体内時計があり、夜は肌のダメージを修復し、深夜から早朝にかけては翌日の肌を守るための準備をするというリズムがあるので、これが乱れると、バリア機能が低下したり、ニキビができる原因になります。

日頃、睡眠不足だからと休みの日に寝だめをしたり、8時間寝ているといっても昼夜逆転の生活をしていても、それは本来の体内時計とかけ離れたリズムですから、お肌に限らず色々な部分に問題を起こしてしまうわけです。

とはいっても21世紀の日本で暮らす身としてはどうしても仕事や付き合いなどで毎日帰宅が遅くなってしまうということがあると思います。ただ、午後10時に寝るのは難しいとしても午前1時では遅すぎます。

また、メラトニンの分泌のことを考えると、朝起きる時間は毎日同じ時刻にすることが大事です。

例えば、朝の6時半を起床時間と決めたらそれを絶対に守る。前日の夜の帰りが遅くてあまり寝てないという場合でもとにかく毎日同じ時間に起きるということが質の高い睡眠をとるためには大事なことになります。

肌にとっては食事より入浴より、規則正しい質のいい睡眠が何より大切です。

理想の睡眠時間は個人差があるので一概にはいえないのですが、7時間をめどに30分単位で増やしたり減らしたりして、自分にあった睡眠時間を見つけるようにしてみてください。

コラーゲンドリンクを飲むタイミングの話がいつのまにか「睡眠と美肌」の話になってしまいました(笑)。

しかし、せっかくコラーゲンドリンクを毎日飲んでいても就寝時間が不規則だったり、寝つきが悪い、寝てもすぐに物音や明かりで起きてしまうということでは、効果も得られないはずです。

スキンケアやインナーケアをいくら頑張っていても浅い眠りでは、最高の美容液である成長ホルモンの分泌に支障をきたして肌の再生と修復がスムースに行なわれなくなりますから、質のいい睡眠を心がけることは美肌にとってとても大事なことなんです。