トップページ >  コラーゲンを比較・絞り込む >  コラーゲン含有量が多い

コラーゲン含有量が多いコラーゲン食品/飲料<Best5>

コラーゲンを美容目的で摂取する場合、1日の目標摂取量は、5,000mgです。しかし、「翌朝に実感したい!」というような即効性を求めるのなら、それ以上を摂取したいところ。

目安としては、6000mg~10,000mgのコラーゲンを摂取したいところです。(※翌朝効果を狙う場合)

数多くあるコラーゲン商品ですが、6000mg~10,000mgのコラーゲンを含有しているのはコラーゲンドリンクだけ。コラーゲンの質や原料の違いといったことは確かに多少の影響はありますが、それ以上に効果に直接的に影響するのはコラーゲンの摂取量なので、含有量は効果の実感のしやすさそのものといってもいいぐらい重要です。

アスタリフト ピュアコラーゲン10000

飲むアスタリフトは低分子コラーゲンを10,000mg配合。コラーゲン代謝を考えたトリプルコラーゲン設計で、オルニチンやビタミンCなどサポート成分もたっぷり。
初回:1,805円+税 送料無料

森永製菓

まるでジュースのように美味しくコラーゲン10,000mg摂取できます。味は2種類あり。
お試し:1,000円(送料無料)

森永製菓 おいしいコラーゲンドリンク
ハピコラ10000

吸収&効果を高めた独自のコラーゲン(豚由来)を10,000mg配合。新田ゼラチン開発。
初回:2,300円(送料無料)

ハピコラ10000

4,320円

フラコラEX+

安全性が高く、身体に吸収されやすい低分子化されたフィッシュコラーゲンを10,000mg配合。女性を美しくする為に作られたコラーゲンドリンクです。

4,320円
525円

コラーゲン6000

モデルの梨花さんの「Love myself」に紹介されたコラーゲンドリンクで6,000mg配合。コラーゲンをはじめ8種類の美容成分を配合しています。

コラーゲン含有量は<即効性・実感力>に影響します!

「低分子化」が当たり前になったコラーゲン食品/飲料にとって、即効性・実感といった効果に違いを作るのは含有量の違いであるのは疑いようがありません。

美容のための目標摂取量は1日5,000mgというのが最新のコラーゲンの効果を確認したヒト試験から分かっていることですが、確かに意識して1日5,000mgのコラーゲンを摂取すると、実感がありますし、コラーゲンの含有量が10,000mgを超えると翌朝の肌の状態が違ってきます。

アスタリフトがおすすめなのは、低分子コラーゲン10,000mg配合という配合量はもちろん、コラーゲン代謝を考えたトリプルコラーゲン設計がコラーゲンペプチドの吸収率を高めてくれるため、他のコラーゲンドリンクと比べて実感しやすいからです。

「残業続きでお肌がボロボロ」「最近、化粧ノリが悪い」といったお疲れ気味の肌でもコラーゲン10000mgを飲めば、弾むようなハリと弾力が戻ってきます。デートや同窓会など、大事な日の準備として飲んでおくと当日ぷるぷる肌で過ごせますよ。




10,000mgの低分子コラーゲンが美しさを育みます!
ピコ・コラーゲン(プロリン・リジン)配合!で吸収力20%UP!
濃厚なピーチヨーグルト味には好き嫌いあるかも?!

1日に壊されるコラーゲンは、1,000~4,000mgですが....

コラーゲンの研究では第一人者としられる東京農工大学の藤本大三朗教授によると、「1日に壊されるコラーゲンは、1,000mgから4,000mg」と考えられているようです。

もちろん、コラーゲンは減る一方ではなく線維芽細胞によって新しいコラーゲンが生み出されています。しかし、加齢にともない、古いコラーゲンの分解と新しいコラーゲンの産生という「代謝」が鈍くなってくるため、コラーゲン量が減り、古いコラーゲンの割合が増えるという質の劣化が起きてきてしまうわけです。

そのため、コラーゲンを摂取する目的というと、1日で壊されるコラーゲンであったり、加齢とともに減るコラーゲンを補給するためと答える人は多いと思います。食べたコラーゲンがそのままコラーゲンの材料になると思っている人もいるんじゃないでしょうか。

確かに、コラーゲンを「食べる」ことで新しく作られるコラーゲンの材料を増やすことにはなりますが、食べたコラーゲンがそのまま都合よく肌のコラーゲンになるかというとこれは微妙です。

食品から摂取したコラーゲンは胃や腸で分解されて、アミノ酸になり、小腸から吸収された後、アミノ酸を必要とする箇所に振り分けられます。生命活動に直結する臓器や組織に優先的に回されるため。


ただ、低分子化されたコラーゲン(コラーゲンペプチド)にはコラーゲン代謝をおこなう線維芽細胞に「新しいコラーゲンを合成せよ」というシグナルを発信して、体内のコラーゲン合成を活性するということがわかっています。

そのためコラーゲンを摂取する目的というのは、「減少する分を補うというよりは、体内のコラーゲン合成を活性化させるシグナルを発信するため」というのが正しいです。そしてシグナルをしっかり発信するために必要なコラーゲン量というのが1日5,000mg以上なんです。

コラーゲン商品を選ぶ基準はいろいろありますが、効果を実感するために一番重要なのは、「コラーゲンの配合量」だということは、しっかり覚えておいてくださいね。

コラーゲンを飲んで使って徹底比較・ランキング

効果が実感できたのは?

やっぱり効果を実感できるかどうかが大事!モニターさんが選んだNO.1は?

飲みやすかったのは?

ニオイや味が気になると続けるのは辛いもの。飲みやすさは結構大事です。

コラーゲン量が多いのは?

美容には毎日3,000~5,000mg、翌朝効果には10,000mg必要です。


美容成分が贅沢配合

コラーゲン以外にも+αの美容成分があったほうが美肌効果を期待できます。

費用対効果で選ぶなら?

コラーゲンをたっぷり摂取できて、月々の価格も安い。コスパは大切です。

お試し・初回注文がある

お試しセットや初回特別価格のあるコラーゲン食品/飲料を要チェック!