トップページ >  > フィッシュコラーゲンと豚由来のコラーゲンの違いは?

フィッシュコラーゲンと豚由来のコラーゲンの違いは?

コラーゲンを含む食材は、いろいろとあり、代表的なものとしては軟骨、手羽先、内臓、鳥や魚の皮などがあり、コラーゲンが豊富に含まれていると言われています。

こうした食材からコラーゲンだけを抽出して凝縮しているのがコラーゲン食品/飲料で、その原料が魚由来か動物由来かで、フィッシュコラーゲン(=マリンコラーゲン)といわれたり、アニマルコラーゲンと呼ばれたりします。

最近多いのが魚由来のフィッシュコラーゲンを使った商品です。フィッシュコラーゲンには低い温度で分解しやすいという特徴があり、そのため体への吸収が早いといわれています。

一方のアニマルコラーゲンですが、豚由来のものが多いです。吸収の早さはフィッシュコラーゲンに劣りますが、豚由来のコラーゲンは人間の肌の組成に近いため、肌になじみやすいといわれることが多いです。ニオイがないのも特徴ですね。

魚由来と動物由来、それぞれのコラーゲンの長所と短所としてよく挙げられていることをまとめると.....

◎ フィッシュコラーゲン


長所・・・「溶解温度が低く吸収が早い」「動物由来より安全」
短所・・・「独特の魚っぽい匂いがする」「ヒドロキシプロリンの含有量が少ない」

◎ 豚由来コラーゲン


長所・・・「人間のアミノ酸組成と近い」「ヒドロキシプロリンの含有量が多い」
短所・・・「溶解温度が高く吸収が遅い」「安全性に不安がある」

ヒドロキシプロリン(Hyp)は他のタンパク質には含まれていないコラーゲン特有のアミノ酸です。血中のヒドロキシプロリンが増加することで表皮細胞や線維芽細胞の増殖促進作用があることが報告されています。

各メーカーは、自分たちの使用している原料がフィッシュコラーゲンならフィッシュコラーゲンの長所を並び立て、アニマルコラーゲンの短所を叩きます。逆もしかりでアニマルコラーゲンが原料ならアニマルコラーゲンの長所を並べ、フィッシュコラーゲンの短所を叩きます。


たとえば、最近はフィッシュコラーゲンを原料する商品が多いので「フィッシュコラーゲンは安全で豚由来のコラーゲンは安全性に不安がある」というようなことが商品説明にあったりするんですが、これは企業の自社製品を売らんがための煽り文句です。

豚由来のコラーゲンを使っているところは原料となる豚に安全検査をおこない厳しい品質検査で認められたものしか使ってませんし、そもそも魚にだって海洋汚染(重金属汚染)という安全性の問題はあるわけですから、「豚由来は安全性に問題があって魚由来は安全」っていう理屈は通らないんですよね。

逆もそうでフィッシュコラーゲンは独特のニオイがあるというのも今では進歩した加工技術によってまったく気にならないレベルになっている商品のほうが多いです。

結局のところ「フィッシュコラーゲンだから・・・」「豚由来だから・・・」とコラーゲンの原料の違いによる差はほとんどなくなく、どっちが優れているということはないってことです。

原料によってコラーゲンのアミノ酸組成は違いますし、コラーゲン特有のアミノ酸であるHyp(ヒドロキシプリン)の量も異なりますが、あくまでコラーゲンの効果を左右するものは、原料ではなく製法(=酵素分解などの加工技術)に依存するというのが最新のコラーゲン研究の考えです。

「魚と豚では吸収のスピードが違う」「Hyp(ヒドロキシプリン)は豚のほうが多い」といった違いはありますが、吸収されたあとの効果はほとんど変わらないし、ペプチド化されると原料の差はなくなるので、原料だけでは優劣を決めにくい」

というのが本当のところではないかと思います。

実際に、コラーゲン食品/飲料を飲んだり食べたりしてもフィッシュコラーゲンだろうが豚由来コラーゲンだろうが、飲みやすいものは飲みやすいし、飲みにくいものは飲みにくいですからね。

そのため、コラーゲン食品/飲料を選ぶときは、フィッシュコラーゲンだろうが豚由来コラーゲンだろうが、原料については参考程度にして、そこまで重視する必要はないのかな?と思います。

それよりも重要なのは、1日に摂取するコラーゲン量であったり、続けられるかどうかということだと思いますよ。