トップページ >  > コラーゲンは年をとるとどれだけ減るの?

コラーゲンは年をとるとどれだけ減るの?

コラーゲンは絶えず分解と合成を繰り返していますが、そうしたコラーゲン代謝のスピードは加齢とともに衰えていきます。

その結果、新しく作られるコラーゲンの量が減ってきてしまうので、全体量もそれに比例して減ってきてしまいます。

Sam Shusterらの研究によると、50代で20代の70%ほど、70代ではおよそピーク時の半分になるといわれています。


コラーゲン商品の販売ページにはよく、コラーゲンの加齢による減少具合をあらわしたグラフが掲載されていると思います。「40代ともなると20代の半分にまでコラーゲンが減少してしまう」という説明の横にあるあれです。

体内の健康なコラーゲンはお肌の曲がり角といわれる25歳をピークに減り始め、40代でおよそ20代のピーク時の50%、 60代ともなるとピーク時の30%にまで減少する。

出典:藤本大三郎「老化のメカニズムと制御」


このグラフなんですが、少し誤解を招くところがあって、コラーゲンの全体量が減少しているものを示すものではなくて、全コラーゲンに占める「若いコラーゲン(=正常なコラーゲン)」の減少をグラフにしたものなんです。

つまり、このグラフを正しく読み解くと、「加齢とともに若くフレッシュなコラーゲン(=正常なコラーゲン)の割合が減ってしまう【コラーゲンの質の低下】が起こる」ということなんです。

最近では、老化とコラーゲンの関係については、加齢とともに体内のコラーゲンの産生量が落ちて、量が減ってくることはもちろんだけれども、それ以上に活性酸素による酸化や糖化(メイラード反応)によってコラーゲンの質が悪くなってしまうことの方が問題だと考えられています。

コラーゲン代謝が鈍くなり、酸化や糖化の影響を受けて、劣化し古びたコラーゲンの割合が増えていくことで、肌が黄ばんでしまったり、弾力がなくなってシワやたるみの原因になっているということなんですね。

これまで、コラーゲンは加齢とともに減少するものだから補って量を維持することが大事だという認識があったと思います。しかし、それ以上に、見た目の若さや健康のためには、コラーゲンの質を低下させないことが大事であるということを覚えておいてください。

加齢で減少・劣化したコラーゲンが肌・髪・骨・関節・血管に及ぼす影響

コラーゲンは顔の肌だけにあるものではなく、全身の皮膚組織、骨や軟骨、血管、髪の毛にあり、身体の細胞組織を「つなぐ」「支える」という重要な役割を果たしています。

人間の身体は体重比でみると、約60%が水分。その次に多いのがタンパク質で約20%。この約20%のタンパク質のうち、コラーゲンが占める割合は30%ほど。

つまり、体重50㎏の人であれば、タンパク質が10㎏、うちコラーゲンは3.3㎏という計算になります。


さらに付け加えると、体内にあるコラーゲンのうち40%は皮膚にあるため、加齢や紫外線、ストレスの影響などでコラーゲンが減少したり、劣化してくると、その影響は皮膚の状態に一番わかりやすくあらわれてきます。

顔にハリや弾力がなくなり、目がくぼんでシワやたるみがでてきます。バストもヒップも手足の皮膚もハリと弾力がなくなり、しぼんでしまって、シワシワになってくるというのは、自分の顔や身体を見れば明らかですよね。嘘です、年配の方をみればそうですよね(笑)。

10代のピチピチだった肌や体も加齢とともに萎んだ感じになるのはこういう理由からです。

また、肌への影響ばかりが注目されますが、髪や骨や軟骨、血管にもコラーゲンは含まれているので、コラーゲンの減少や劣化の影響は大きいです。コラーゲンは骨の強度を保ち、関節ではクッションになり、血管ではしなやかさを維持するために欠かせない存在だからです。

コラーゲンの減少・劣化が全身に及ぼす影響

要チェック 骨が脆くなる
要チェック 軟骨が減少する
要チェック 血管が弱くなる
要チェック 髪が細くなる、白髪が増える


といった症状もコラーゲンが不足・劣化してきた体にあらわれる典型的な例です。

女性の場合、30代後半になるとコラーゲンの劣化に加えて、女性ホルモン(エストロゲン)の減少という問題もでてきます。女性ホルモンもまた、髪や肌のハリやツヤ、骨、血管のしなやかさを保つうえで非常に重要な役割を果たしてくれているのは有名ですよね。

つまり、コラーゲンの減少や質の低下に加えて、エストロゲンの分泌量の低下も加わって、30代後半からは女性らしさを喪失させるダブルパンチに見舞われるので、もう踏んだり蹴ったりの状態になるってことです(笑)。

加齢だから仕方ないといえばそれまでなんですが、老化は「遺伝3割:生活習慣7割」といわれているので、毎日の心がけと努力次第で遅らすことはできます。そのためには、毎日のコラーゲン習慣が重要なのはもう明らかですよね。

シワ・たるみ、細毛や薄毛、骨粗しょう症や動脈硬化etc...。

見た目の若さだけでなく、身体の内側の見えない部分の若さや健康を保つためにコラーゲンは重要な役割を果たしてくれているので、日々、コラーゲンを外から摂取して補い、コラーゲン代謝を促進することがアンチエイジングには欠かせないということです。